坐薬ってどんな薬?

坐薬は肛門から挿入し、直腸からくすりを吸収して効果をあらわすものです。

坐薬というと投与された場所にだけ作用するものと思われがちですが、
鎮痛剤や解熱剤、喘息治療剤などの全身作用をもつものも多くあります。

坐薬は直腸に投与されると、10分位で液状となり、粘膜から吸収され、
血液循環を経て体内の作用部位 に行きわたり、作用を示します。

また、坐薬は内服薬のような胃腸障害が少なく、くすりを飲むことが
できない状態の時でも使えますし、苦みや臭いも感じることなく、
また食事と関係なく投与できる、などといった利点があります。

一般的なものは、解熱鎮痛剤が多いのですが、色々な種類があります。
間違っても、座ってのまないでくださいね。

クスリのはてな?

posted by izumi☆ at 11:56 | クスリの効果
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。