オブラートの使い方は?

オブラートは、寒天とデンプンから作られた薄い紙のようなもので、
不快な味のある薬を包んで、飲みやすくするものです。

オブラートを使う時は、その真ん中に薬を置き、まわりを持ち上げ
軽くひねるようにして包み込み、余分な部分を切り取って下さい。

最近は袋状に加工されているものもありますが、その場合も同じです。
オブラートは胃の中では溶けにくいので、あまり厳重に包んでしまいますと、
破れにくくなってしまいます。

また飲み込むときは、水を口に含み、薬の入ったオブラートを浮かべるようにして
飲み込むと、うまく飲めるようです。

なお、胃薬には苦味や臭いのあるものもありますが、それらは、その味や臭いが
味覚や臭覚を刺激して効果を現しますので、オブラートに包んでしまうと、
効果が期待できなくなるので、オブラートは使わないようにしましょう。

クスリのはてな?

posted by izumi☆ at 21:15 | クスリの使い方
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。