1日1回の薬は、いつ飲んでもよいのですか?

1日1回飲む薬の中には、朝飲むものや寝る前に飲むものなど、
服用時点の決まっているものもあります。

たとえば胃潰瘍の薬の場合、夜間に潰瘍が進むことが多いので、
夕食後または寝る前に服用します。

明け方に発作のおきやすい喘息や心筋梗塞の薬も、寝る前に服用します。
一方、尿を出させる目的の利尿剤などは、夜まで効いてしまうとトイレに
行くのが大変なので、朝飲みます。

このように、薬を飲む時間には理由がある場合もありますので、その時間に
飲めない場合は医師や薬剤師にご相談下さい。

また、特にいつ飲むか指示のない場合は、どの時間帯に飲んでも構いません。
ただし、薬が効果を現すには、体の中に常に一定濃度以上の薬があることが重要なため、
一定の間隔で薬を飲む必要があります。
日によって朝飲んだり夕方飲んだりしていては、十分な効果を発揮できないばかりか、
副作用を起こしやすくなりますのでご注意下さい。

クスリのはてな?

posted by izumi☆ at 20:11 | クスリの使い方
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。