相互作用とは?

薬を2種類以上同時に使用した場合、薬の組み合わせによっては作用が強く出たり、
逆に効果がなくなったり、場合によっては副作用が出やすくなったりすることが
あります。

これを相互作用と呼んでいます。
最近研究が進んでいろいろな組み合わせが知られてきています。

相互作用はすべての薬でおこるわけではなく、また人によってその影響も
異なりますが、危険な組み合わせもありますので、複数の薬を使用する場合は
注意しなければなりません。

薬局でお薬手帳というものを勧められることがあると思います。
これは、特に、違う病院や、違う科をあわせて受診なさってる方には、医師が
見逃した、相互作用などを薬剤師がチェックする機能もあります。

もしよければ、お持ちになることをおすすめします。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。