納豆を食べてはいけない薬があるの?

納豆との飲み合わせがいけない薬とは、ワーファリンと呼ばれる薬です。

ワーファリンは、「抗凝固剤」と呼ばれる薬で、血液をサラサラにして、
血栓をつくりにくくする効果があって、心筋梗塞などの治療や予防に
使われることが多い薬です。

では、なぜ納豆と一緒にワーファリンを飲むといけないかというと、
納豆を食べると、腸内でビタミンKが合成され、このビタミンKが
ワーファリンの効果を弱めてしまうのです。

ワーファリンを服用している人が、納豆を食べたために、心筋梗塞の
再発作を起こしたという例もあります。
そのため、ワーファリンを服用中の人は、納豆を食べないでください。
と言われるのです。

また、ワーファリンを服用中の人で注意しなければならないことが
他にもあります。
手術をしたり、歯を抜いたりするときに、「ワーファリンを服用している」
ということを、医師に伝えるということです。

なぜなら、ワーファリンは血液をサラサラにする薬なので、歯を抜いたり
したときに、出血すると、血が止まりにくくなっている可能性が高いからです。

このようなワーファリン服用中の出血は、ビタミンKの投与で治療や予防が
出来ます。

普通、医師がワーファリンを処方するときは、患者さんに説明してくれる
はずなので、わからないこと、心配なことは、必ず相談してくださいね。

クスリのはてな?

posted by izumi☆ at 22:36 | クスリと食事
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。