授乳中ですが、薬の服用で注意することはありますか?

授乳中であっても、お母さんが何らかの理由で薬を
飲まなければならないことは、案外とあるものです。
その場合は、ぜひ、まずは医師に相談してください。

その上で、
1.薬の服用が本当に必要か?
2.安全な薬か?
3.薬を飲む時間や量を調節してリスクを避けることが
  できるか?
といった点を考慮することが大切になってきます。

一般的に、市販されている薬は、心配がないものがほとんどです。
ですが、なるべくなら、薬を飲む際は、授乳後に服用して、次の
授乳までに6〜8時間あけることをおすすめします。

また、そうはいっても薬によっては、例えばアスピリンや偏頭痛に
使用する鎮痛薬、テトラサイクリン系の抗生物質、精神安定剤や
抗てんかん薬、副腎皮質ホルモン、甲状腺ホルモンなどは注意が
必要です。

医師の指示で、これらの薬を飲まなければならない場合、授乳中で
あることを必ず、医師、薬剤師に伝え、赤ちゃんへの影響の少ない
薬を選んでもらったり、服用時間の調節などを相談してください。

また、やむを得ず、薬を服用するために母乳を一時中断する場合も、
搾乳などをして、母乳の分泌を維持する努力をされることをおすすめ
します。

クスリのはてな?

posted by izumi☆ at 21:29 | クスリと妊娠
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。