病院で貰う薬と市販薬は何が違うの?

市販薬の特徴としては、「安全に、広範囲に」といったところが
あります。

例えば、風邪の症状といっても人により様々です。
どの症状を抑えたいかは、当然人によりまちまちです。

そのため、市販の風邪薬は、色々な症状に対応できるように、
各種の成分を少量ずつ配合して、一つの製品に仕上げられています。


それに引き換え、処方薬は、どのような症状に対してどの種類の薬を
どれだけの量を使うかを慎重に判断します。
いわば、患者さん一人一人に合わせた「オーダーメイド」の薬です。

市販薬のような配合剤ではなく、単体かその組み合わせになり、
使用量も状態に応じて加減されます。
さらに、市販薬でじゃ使用できない、作用の強い薬を用いることも
あるのです。

クスリのはてな?

posted by izumi☆ at 18:16 | 市販のクスリ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。