内服薬とは?

いわゆる【飲み薬】で、大部分は小腸で吸収されます。
どこでも簡単に服用できるのがメリットですが、消化液や食べ物の
影響を受けやすく、なかには、胃や腸を刺激するものもあるので
要注意です。

最近では、水無しでも服用可能な、【チュアブル錠】と呼ばれる
内服薬も多くなってきています。内服薬の種類には、

散剤(細粒、顆粒):薬剤を細かい粒子状にしたもの

錠剤(裸錠、糖衣錠など):薬成分を乳糖などで増量し固めたもの

カプセル剤:散剤をゼラチン製の容器(カプセル)に充填したもの

水剤:薬剤をシロップなどにとかしたもの

などがあります。
まだ他にも細かく分ければ色々ありますが、概ねこのような
形になります。

クスリのはてな?

posted by izumi☆ at 18:52 | クスリの種類
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。