副作用の起こる頻度は?

クスリを使うにあたって、きっと心配になってしまう、「副作用」。

薬が効けばいいけど、効かない上に、副作用だけ起きちゃうなんて
ことになったらたまらない!

みんな気になることですよね。

正直、薬により副作用の起こる頻度はまちまちです。
1000〜10000人に1人起こるかどうかの、頻度は低いが、
おきると重大な副作用と、重大ではないが、10〜100人に1人くらい
起きてしまう頻度の高い副作用があります。

なので、一口に、頻度というのはいえませんが、概ね、上記の頻度
と頻度が不明ということに集約されると思います。

また眠気が出たり、ぼーっとしちゃうくらいなら、副作用だと
認識しない人も、いますしね。

というわけで、結論。
頻度としては、0.1%未満、0.1%〜5%、5%以上、頻度不明と分類される。

なので、個々の副作用を説明されたり、説明を求める場合は、よく出る副作用なのか?
頻度は少ないが、でたら重大な副作用なのか?という点に注意して聞いてみて
ください。


クスリのはてな?

posted by izumi☆ at 19:01 | クスリの副作用
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。