薬のシートが1錠ずつに切れなくなった訳。

飲み方の、項で説明すべきかな?と思いつつ、こちらにもってきました。

若い人なら、薬が1錠ずつ切れてた?シートごと?
何の話かわからない〜。という人もいるかもしれません。

そう、一昔前は、シートの状態で、1錠ごとに切れるように、ミシン目が
入っていたものです。
ところが今は、縦か横に、2〜3錠、か7錠毎にしか切れないようになっています。

これは、特にお年寄りが、1錠ごとに切れていたとき、普通なら当たり前の
事なのですが、シートからお薬を出さずに、シートごと飲んでしまう!!
という事例が何件もあったからなんです。

そんなわけないだろう!と思うのですが、実際そういう事例が多々あるそうです。
あんなものをそのまま飲んだなら・・・喉や食道に傷がつくことは容易に想像できますし、
ましてや、想像しただけで、痛いです(>_<)

そんなわけで、1錠ずつに切れなければ、そういった誤飲が防げるだろう!
ということで、1錠ずつにはきれなくなりました。

でも、お年寄りというのは律儀なもので、手で切れなくても、家に帰ると
はさみで切って袋に入れていたりするので、万が一にも間違って、そのまま
飲んでしまわないようにと、指導をしなさいと、薬剤師にお達しが来るわけです。

けど、やはりほとんどの人は、ちゃんと飲んでいるので、間違って飲んじゃいそうな
人を見つけて指導しなきゃいけないわけですが、現実問題としてはなかなか難しい
ですね・・・。

何はともあれ、薬は必ず、袋やシートから出して飲みましょうね!
けど、カプセルをさらに分解する必要はないですよ^^

クスリのはてな?

posted by izumi☆ at 01:59 | こぼれ話
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。