相互作用とは?

薬を2種類以上同時に使用した場合、薬の組み合わせによっては作用が強く出たり、
逆に効果がなくなったり、場合によっては副作用が出やすくなったりすることが
あります。

これを相互作用と呼んでいます。
最近研究が進んでいろいろな組み合わせが知られてきています。

相互作用はすべての薬でおこるわけではなく、また人によってその影響も
異なりますが、危険な組み合わせもありますので、複数の薬を使用する場合は
注意しなければなりません。

薬局でお薬手帳というものを勧められることがあると思います。
これは、特に、違う病院や、違う科をあわせて受診なさってる方には、医師が
見逃した、相互作用などを薬剤師がチェックする機能もあります。

もしよければ、お持ちになることをおすすめします。

病院のくすりと薬局で買ったくすりを一緒に飲んでもいい?

自己判断で一緒に飲むのは、危険です。

くすりの中には一緒に飲むと作用が強くでたり、弱くなったりする
組み合わせのものがあります。

たとえば、病院から出されるくすりと薬局で買うくすりとの間でも、
飲み合わせの悪い組み合わせとなる場合がありますので、くすりを出してもらう時、
または薬局からくすりを買う時には、現在飲んでいるくすりについて、
必ず医師あるいは薬剤師に伝え、一緒に飲んでもよいかを確認しましょう。

その上で、「よい」と言われたものに関しては一緒に飲んでも良いでしょう。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。