納豆を食べてはいけない薬があるの?

納豆との飲み合わせがいけない薬とは、ワーファリンと呼ばれる薬です。

ワーファリンは、「抗凝固剤」と呼ばれる薬で、血液をサラサラにして、
血栓をつくりにくくする効果があって、心筋梗塞などの治療や予防に
使われることが多い薬です。

では、なぜ納豆と一緒にワーファリンを飲むといけないかというと、
納豆を食べると、腸内でビタミンKが合成され、このビタミンKが
ワーファリンの効果を弱めてしまうのです。

ワーファリンを服用している人が、納豆を食べたために、心筋梗塞の
再発作を起こしたという例もあります。
そのため、ワーファリンを服用中の人は、納豆を食べないでください。
と言われるのです。

また、ワーファリンを服用中の人で注意しなければならないことが
他にもあります。
それは・・・

クスリのはてな?

posted by izumi☆ at 22:36 | クスリと食事

お酒と一緒にくすりを飲んだらだめ?

それは、いけません。

一緒に飲むことだけではなく、別々に飲むこともあまり勧められません。
また、お酒の種類も関係ありません。

これは、くすりもアルコールも肝臓で分解されて無害なもの
(肝臓の解毒作用によります)にされることから、一緒に飲むと肝臓に大きな負担を
かけることになるからです。

また、薬によっては、お酒との直接の相互作用が心配されるものもあります。

とはいっても、病気の状態や飲むお酒の量、くすりの種類、
肝臓の能力などによって違いますので、一度医師あるいは薬剤師に聞いてみる
といいでしょう。

クスリのはてな?

posted by izumi☆ at 11:31 | クスリと食事

お茶やコーヒーで薬を飲むと良くない?

お茶やコーヒーで薬を飲んでも、影響がないものも多い。
ただ、カフェインとの相互作用が問題の薬は、やはり避けた方がよいでしょう。

カフェインが含まれる飲料としては、緑茶、紅茶、ウーロン茶、コーヒー等が
あげられます。
カフェインの主な作用として、興奮作用があるのは良く知られている事実です。
だから、鎮静薬などは、薬の効果が打ち消されてしまいます。

また、カフェインは、尿酸と構造が似ているために、痛風の治療薬で、尿酸の
排泄を促す薬と併用すると、尿酸より、カフェインの排泄が優先されて、効果が
弱まってしまうことがあります。

逆に、交感神経を刺激する薬とカフェインを一緒に摂ると、薬の作用が強められる
こともあります。

ただ、これらの薬を飲んでいるときに、全くお茶やコーヒーを飲んではいけないと
言うわけではないですので、程々にたしなみましょうね。

クスリのはてな?

posted by izumi☆ at 00:36 | クスリと食事

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。